パソコン・インターネット

ニコ動の落とし方

 今日の記事の内容が少なすぎるのでツールの紹介。

 ニコ動等の動画を落としてMP3などに変換するには、普通まずブラウザ開いて、ダウンローダー開いて、エンコーダー開きますね。そんな事をしなくても、上記三つが一緒になったブラウザを紹介します。MADなどを落とす時にはこの「craving exproler」を使ってます。

 http://www.butsu-yoku.com/

 他にもようつべ、Googlevideoなども対応してます。

 利点は、このブラウザ一つで上記三つを兼ねることです。もちろん動画は見れますし、そのままflvで落とすこともできます。そのほかにも自動ログイン機能などありとても便利だと思います。マイナーであまり使われてなさそうなので紹介してみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダウンロード違法化について・補足(コメントへの返答)

 コメントありがとうございます。
 ニコ動等ストリーミングについては審議の対象になってないことは昨日記事を書いた時点で分かっていたのですが、タイトルが誤解を招いたようです。すみません。キャッシュまで突っ込まれる心配はほぼありません。ここではP2Pみたいなファイル交換ソフトや音楽配信サービス等について書きたいと思います。
 昨日即席で調べあげたばかりで感情的になってしまったこともこの場を借りて謝ります。煽られてました。少し記事を訂正します。
 少し違う考えで考えてみます。
 レコード協会もひどい被害を受けてますね。被害額は計り知れないでしょう。ダウンロードを違法にしようとするのもうなずけます。
 アップロードは著作者の許可があればできますが、取ってないことはほぼ明白です。しかしダウンロードした側は事情を知らなかったという言い訳もできます。特にゲームは普通に考えてフリーじゃない限り著作者がアップロードを許すわけありませんね。
 しかも権利者側が訴えるにしても個人を訴える事はほぼありません。見せしめとしてひどいユーザー複数に損害賠償を求めるという形になると思います。刑事罰もありませんし。
 なのでダウンロード違法化は恐らく自制にしかならないでしょう。
 なのでもし他の権利者団体が写真やテキストの著作権を強化してくれと頼んでも委員会とかで審議されたりするでしょうし、無視される可能性もあります。
 しかし、著作法改正後もあまりにもひどければ刑事罰とかつく可能性はあります。
 確かにウェブ上に無法地帯となってる場所はたくさんあります。ただで有料のものが手に入るのはおかしいです。これが普通になるだけで文句言えませんね。 というわけで昨日の記事は利己的になりすぎてました。まあ、本音ではあまり意味がなくまだ大丈夫だろうと思ってますが。
 余談ですが、P2Pの事について調べたところフランスの下院でP2P合法化の法案が通ったらしいです。興味深いので少し調べてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダウンロード違法化について・まとめ

※ストリーミングについては現在大丈夫なようです。誤解だったようです。すいません。以下の話はP2Pとかのファイル交換ソフトや音楽配信サイトのお話です。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1350840

「ニコニコ動画を見ることが違法になりそうです」の補足

ようつべでも「違法」と打てば出てきます。

http://wiki.livedoor.jp/download11/d/FrontPage

ダウンロード違法化、著作権非親告罪化についてのまとめサイト(ほぼここを参考にしています)

 BITCOMETなどのツールを使って、無料で動画や音楽をダウンロードすることができます。「は、何それ、思いきり著作権法違反じゃない?」と思う人へ、

著作権法30条は「著作物は、個人的または家庭内などで使う場合は使用者が複製できる」としており(セルビデオをコピーガードキャンセラーでコピーする行為などは例外)、ダウンロード、つまりネット上のファイルを通信回線を経由してPCや携帯電話内に複製することにも30条が適用される。

 公開の形態が違法であろうと合法であろうとダウンロードは私的利用に限れば合法。しかしこのダウンロード違法化について話し合う、私的録音録画小委員会では、この録音録画の対象となりうる音楽や動画ファイルに限っては、私的利用の範囲外にしようという動きがある。

 小委員会に委員として参加しているIT・音楽ジャーナリストの津田大介さんによると、ダウンロード違法化を積極的に推し進めているのは日本レコード協会だそうです。

 ネットユーザーの側に立って物事を見る人は津田さんぐらいしかいないそうです。なん大人でニコ動の存在を知ってる人がこういう委員会に多くいるとは思えませんし。あとその委員会の委員には権利者団体の代表の人間が多いそうです。ユーザー側の人間が少ないのはおかしいことだと思います。現実では、ユーザー側の大部分が反対だと思います。

 しかし、「盗品を複製する」ということを規制して何が悪いと言われると、反論しにくいですね。津田さんもそういう聞かれ方をされたそうです。しかし、今のインターネットの広がり方をみると、なんか逆流という感じがします。刑事罰がないので、レコード会社が見せしめ的に悪質ユーザーを訴える可能性があるそうです。

 もし法改正が実現されれば、架空請求のネタになったりするほか、もっと重大な問題として、他のイメージやテキストを保護してくれと他の権利者団体が頼むことで、お気に入りの写真を見つけた→右クリック保存ということも違法になる可能性があります。どう考えてもネットが衰退しますね。

 こうならないために、皆さんパブリックコメント(以下パブコメ)を送りましょう!パブコメとは小委員会に送るコメントみたいのもので、反対票が多ければ国会も動くでしょう。11月15日までです。コピペでもいいらしいので皆さん送ってください。ただし、一人一票です(藁)。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1010&BID=185000284&OBJCD=100185&GROUP=

 パブコメこっから送ってください

 

 (私的意見・偏見入りです。文句あるならコメしてください。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今ニコ動が危ない

 突然ですが、ニコ動やようつべが違法になる可能性があるそうです。詳しくはニコ動かようつべで「ニコニコ動画を見ることが違法になりそうです」という動画を見てください。「違法」と検索すれば出ます。ニコ動が違法になった日にはどうやって生きればいいのか分かりません。ようつべを見てる人も同様だと思います。ニコ動が無くなるのは嫌なので、それについて話し合っている委員会にパブリックコメントと呼ばれるものを送るつもりです。その内容は後日掲載するのでコピペでもいいから送ってくれるとありがたいです。
 余談ですが、ハヤテの13巻を読んだのでその感想を。一言で言うと、「メイド伊澄萌え〜」ですね。さすが俺の(以下ry)…。ただ少し残念なのはヒナさんの出番が少なかったことですかね。ま、春休みなので仕方ないですね。
 マラソン大会近いですね。なんか今日風邪気味でした。そろそろ厚着しないと。
 それでは。
P.S.行こうと思った電撃祭でしたが、ちょうど中学個人戦が被りました。orz
五年待たなきゃいけないのか…。土曜いくべきなのか。中学個人戦サボりたくないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)