« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

いろいろ

 最近更新頻度が低いのはパソコンが使いづらい状況にあるからです。あと記事の下のほうにトラックバックとか言うのがあってたまに怪しいものがありますが俺が選んでいるわけでないので悪しからず。

 昨日リトバスをやりすぎたせいで今日の一時間目の物理の時間に「小球」という単語が「小毬」にしか見えなくなってしまいました。・・・末期ですね。P2Pは人間・・・いや人類をダメにする。やる人から見れば勝ち組だけど外から見たらきっと負け組なんだろうなあ…。

 今日は雑作で今年の入試問題を解いてみました。正直受かる気がしません。思ってみたことはなんで開成受かったんだろとか小六の時のほうが頭良くないかとかそんなことです。

 ちなみに社会では東京ネタを期待してたのだが一問も出ませんでした。その代り理科では太郎君が長瀞に家族旅行で行くとかあり得ないシチュエーションから始まって地学実習のときみたいな感じで問題が出されてました。

 数学は忘れました。四角の周りを点がぐるぐる回るやつとか見事に全滅しました。

 きっと難しいことを勉強すると必要性のない簡単なことは記憶から消去されてしまうのだ、と自分に言い聞かせて今年入ってくる人たちより頭が悪いということは考えないようにしたいです。

 P.S.将棋世界3月号について書きたいなと思ってるのですがなぜか金融制裁を受けてやばいことになっています。金がないと世の中では何もできないのだということを痛感しました。

 それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 今日は朝ブロです。
 昨日予知夢を見るというジュセアーノさんの番組を見たのですが、捏造とは考えにくそうで驚きました。 殆んどが予測されている事でなんか論点がずれていたような気がします。
この手の番組を見る上で「99.9%は仮説」という本を読むべきだと思います。ブックオフで二百円で買いました。
 最初飛行機は何故飛ぶのか、実はよく分かっていないというところにショックを受けました。どんな風に飛ぶかは分かるらしいですが。
 科学的な考えを日常にどう活かすかということが書かれていてとても面白く感じられました。
 ところで考えたのですが、あの予言者が書くメモがデスノート的なものだったらあり得る話ではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すごい方法

 悪名高い今回の数Aの課題ですが、友人の友人が素晴らしい攻略法を発見しました。
「可能なだけ大勢に送って下さい!!」

今回の数学の課題は、「正直に」出せば平均点が5点を切るという、努力しても報われない採点方法がとられている。
でも、みんなが満点を取れるやり方が存在する!ただ、これは300人の一致団結が必要だ。心して聞いて欲しい。

学年で一人しか「期限内」に提出しないのだ。こいつは20点を獲得する。これが300人の中の最低点となる。その後、期限を遅れて300ー1人が出せば、「期限遅れは最低点に合わせる」というルールにのっとって、300ー1人にも20点が与えられる。

というものだ。繰り返すが、これは一人でも破ると全体が乱れる。各人の理解を期待する。

と言うわけでみんなよろしく

| | コメント (1) | トラックバック (0)

近藤勇像。板橋駅前にて。


石神井川にて。

 昨日暇だったので将棋部の友人と今度は王子方面に行ってきました。

 途中駒込で食事をして、北区防災センター(だっけ)に行きました。地学は選択で捨てたのですが、地震体験とかしました。そして生き残る気力を失いました。家は築十年ぐらいのマンションなのですが、家具とか固定してないので大きな地震が起こったら家具が倒れてきそうで不安です。

 そのあと、飛鳥山に行きました。王子駅から見て「何この田舎」と思っていたところです。実際反対側は賑やかです。そのあと石神井(しゃくじい)川を上って行きました。ここら辺は庭みたいな感じで岩しかありません。もっと登っていくとアイガモが結構いました。

 そのあと板橋に行ったのですが、近藤勇の墓があって意外でした。そのあと、俺は一人で近くの下板橋という駅から帰りました。維新の時代は敵味方かまわず銅像になっていますね。これはたぶん旧幕府への配慮だと思います。

 あと写真だけ先にうpするのはmicroSDという代物を持っていないからです。いったんパソコンに送るのもたるいので直接うpしてます。

 あと明日からスキーに行くので三日間更新しません。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »